大村湾ZEKKEIライド

2019年10月18日

くらわん館

伝統の波佐見焼に触れて、購入して、体験もできる物産館[波佐見町]

 

長崎県の中央付近に位置する波佐見町。焼きものの町と称されるほど陶磁器が盛んで、400年以上の歴史を誇る波佐見焼が誕生した土地です。そんな町内の中心エリアにあるやきもの公園内の観光交流センター1階には、物産館「くらわん館」があります。館内には、町内の約35もの窯元や会社が手がけたやきものをはじめ、地酒や自家製の味噌といった地元の特産品など品揃え豊富。気軽に使用できるリーズナブルな商品から高級感あふれる器まで価格帯も幅広く、さらに定価の7割程度で購入できる食器もあります。

 

くらわん館の由来は、江戸時代のとある話が基になっているのだとか。当時、大阪・枚方の行商船が食べ物を販売する際に使用していた食器は、ほとんどが波佐見製でした。加えて、販売時に「○○くらわんか」と発していたことから、食べ物を入れていた食器が“くらわんか茶碗”と呼ばれるようになったのだそう。

 

館内では、特産の波佐見焼が購入できるだけではなく、陶芸教室も実施しています。マグカップや丸皿を筆で色付けできる絵付け体験、好きな食器がつくれるろくろ体験、複雑な形やデザインも可能な手びねり体験の3種類から選べます。所要時間は絵付け体験が30~45分、ろくろ体験と手びねり体験は45~60分ほど。参加には1週間前までの予約が必要です。どの体験も釉薬をかけて焼成してくれます。出来上がりまでは約2週間~1.5カ月必要となり、配送も可能なので自転車で立ち寄った際でも安心です。

 

住所:長崎県東彼杵郡波佐見町井石郷2255-2

TEL:0956-26-7162

営業時間:9:00~17:00

定休日:12月31日~1月2日

公式HP:http://kurawankashop.sakura.ne.jp/