大村湾ZEKKEIライド

2019年9月19日

山と、海と、まちが織りなす大村市の 起伏に富んだ美しい景色の魅力を発信

インタビュー対象者

トラベルコンビナート株式会社 代表取締役社長 笹山龍太郎

昭和43年の創業以来、これまで地元・大村市のデベロッパーとして地域とともに歩んできました。昭和45年に、当時は海水浴場だった大村湾公有水面の埋め立て工事を行い、その後、完成した約10万坪の埋立地における開発や販売、賃貸などを事業主体としています。弊社が常に意識しているのは、大村市民の皆さまの利便性向上と、地元での雇用確保・賑わいづくりです。企業を誘致する際には、地域の方々に喜んでいただけるかどうかをまず考えており、自然と長崎県では初出店の店舗が多くなりました。また近年はモノを買うだけではなく、その空間でゆっくりと過ごしたいというニーズの高まりも感じ、くつろげる空間や場所づくりなども重視しています。近隣の公共施設「シーハットおおむら」とも積極的に連携しており、イベントやコンサートの際には、一部の敷地を駐車場として活用しています。私たちはこうした取り組みを通して、地域全体をより一層盛り上げることができればと願っております。

「大村湾ZEKKEIライド」には昨年から幸町商工会として協賛させていただいておりましたが、今年はトラベルコンビナートとしても協賛し、さらに関係者用の駐車場としてスペースを貸し出すことにもなっています。こうしたイベントでの敷地活用には数年前から積極的に取り組んでおり、毎年行われる地元のお祭り「長崎街道大村藩宿場まつり」にも協力しています。付近には大型商業施設や飲食店も多く並んでいるので、せっかくならこの賑わいを地域のイベントにも活かしたい、そんな気持ちで、地元に密着した活動を継続しています。大村湾の魅力は、起伏に富んだ山と海がもたらす美しい景観です。住んでいる自分たちはつい当たり前のように感じてしまいますが、他県から来られた方から「こんなきれいな場所はない」と言われることもあります。また空港や交通機関の利便性に優れた大村市は人口も増加傾向で、今後も長崎県の中でも特に元気のある地域として注目を集めていくのではないでしょうか。

こうしたスポーツイベントは遠方からも多くの方が参加されますし、少しでも地元・大村市のPRができれば嬉しい限りです。またせっかく長崎県に来ていただいたのなら、イベントのあとはぜひ周辺地域を観光していただければと思います。もてなす側の地元の盛り上がりも、もっと必要だと感じています。地域全体を巻き込んでいろんな人たちが参加する、大村湾エリアならではの繋がりが生まれるイベントを期待しています。

 

・企業情報

社名/トラベルコンビナート株式会社

設立/昭和43年2月

従業員数/10名

本社住所/長崎県大村市幸町25-19

URL/http://www.trakomnavi.com