大村湾ZEKKEIライド

2019年10月18日

経が岳

雄大な自然と山並みを眺めたい人におすすめ!【大村市】

 

経ヶ岳は佐賀県鹿島市、太良町と長崎県大村市の県境にある多良山系最高峰の山です。標高1,076mの経ヶ岳の中腹以上には自然林があり、多くの動植物を観察できる自然豊かなスポット。春にはツクシシャクナゲ、夏はオオキツネノカミソリの群生も見られます。特に秋は紅葉目的の登山客が大勢訪れることでも有名です。また、かつて経ヶ岳は僧侶たちの修業の場であったため、山頂には現在でもほこらが残っています。経ヶ岳という名前も修行僧たちが経本を収めていた場所であることから名付けられたそうです。

 

山頂からは多良岳、五家原岳や大村湾、天気がいい日には雲仙岳までを一望できます。山頂からの眺めの良さもこの山の魅力です。

 

長崎県側から経ヶ岳へアクセスする際は、黒木バス停の登山口から登るルートを目指しましょう。黒木バス停まではJR大村駅から1日3~5便運航される長崎県営バスに乗り、40分ほどで登山道へ到着します。マイカーや自転車でアクセスする人のために、駐車スペースも整備されています。車は黒木バス停そばに30台、大払駐車場には20台程度駐車できます。

 

経ヶ岳の山頂は狭いため、長い時間の休憩にはあまり向きません。飲食などでゆっくりとくつろぎたいときは、経ヶ岳ふもとの黒木渓谷、郡川砂防公園を利用するのもひとつの手です。郡川砂防公園は川遊びもできるため、子ども連れの家族が一日中遊べるスポットとしても人気があります。郡川砂防公園には、トイレはありますが売店はないため、飲み物や食べ物は事前に準備しておきましょう。

 

住所:長崎県大村市黒木町