大村湾ZEKKEIライド

2019年10月17日

時津町

 

海と山と、カイテキがあるまち時津町

 

大村湾に面し、背景を山々に囲まれた自然豊かな時津町は、長崎市の北部に位置するコンパクトなまちです。

 

江戸時代、時津街道は長崎から西洋文化を伝え、めずらしい品々を運ぶ人々で賑わっていました。現在でも長崎空港との間を高速船で結ぶ海路や、1日4万台の車が行き交う国道206号がある時津町は、今も昔も交通の要衝です。

 

工場や郊外型の大型商業施設の立地により、“商業のまち”として発展を続ける時津町は、都会生活の利便性と田舎暮らしの愉しみを両立できるトカイナカです。

 

時津町の見どころ

 

鯖くさらかし岩

落ちそうで落ちない時津町の“鯖くさらかし岩”。合格を祈願するための岩「合格祈岩」として受験生などに人気です。